潮干狩りのコツは?あさりを取る持ち物と服装「初心者編」

この記事は1分で読めます

潮干狩りのコツを初心者用で紹介するイラスト
スポンサードリンク

潮干狩りのコツに関するページです。

初心者の方向けのあさりを取るコツや必要な道具、そしておすすめの服装などを紹介していきます。

初めて潮干狩りに出かける予定の方におすすめの内容となっています。

潮干狩りのコツは?

潮干狩りのコツには以下のようなものがあります。

潮干りのコツ
  • 砂の穴を探す
  • 砂のデコボコを探す
  • 水たまりを探す

それぞれ解説していきます。

潮干狩りで砂の穴を探すとは?

あさりがいるところの砂にはブツブツと穴が開いています。その穴を使ってあさりは栄養や海水を取り込んでいます。砂に穴が開いていれば必ずあさりがいるとは限りませんが、見つけた時は掘ってみるべきポイントです。

潮干ガリレイが閃いた顔のイラスト

あさりは砂の穴からご飯を食べているんだね♪

潮干狩りで砂のデコボコを探すとは?

潮干狩り場の砂を見ていると、真っ平らな場所とデコボコした場所があることに気付くと思います。その場合、デコボコした場所の方があさりを取れる期待が高いです。砂の穴が見つからない時は、デコボコした砂場を探しましょう。

潮干ガリレオの穏やかな顔のイラスト

穴の次はデコボコを探すのじゃ!

潮干狩りで水たまりを探すとは?

砂に水たまりができていたら、そこはあさりがいる場所かもしれません。その水たまりにプランクトンが集まっていると、そのプランクトンを求めてあさりが集まっていることがあります。水たまりを見つけた時は周辺を掘ってみましょう。

潮干ガリレオの笑顔のイラスト

他の人が掘った後の水たまりということもあるから、色々な水たまりの周辺を掘ってみて、自然の水たまりか、誰かが掘った後の水たまりかを見極められるようにするのじゃ!

潮干狩りであさりを取る持ち物「初心者編」

あさりを取る際の持ちもを紹介します。

あさりを取る持ち物
  • 熊手(くまで)
  • 軍手(ぐんて)
  • カゴ
  • スコップ

それぞれ解説していきます。

あさり取りには熊手が必須!

あさり取りに熊手は必須の持ち物です。スコップではダメなのかという疑問もありますが、圧倒的に熊手の方が効率よく砂場を掘れます。とくに狙いがあさりの場合、浅いところにいることが多いので、一か所を深く掘るスコップよりも、浅く広く掘ることができる熊手がおすすめです。

潮干ガリレイが喜ぶ顔のイラスト

会場によっては熊手禁止の場所もあるくらい強力なアイテムなんだよ♪

あさり取りには軍手が必須!

あさり取りには軍手が必須です。素手でもできなくはないですが、割れたビンなど危険なものが落ちていることがあるのでお勧めできません。意外に割れた貝でも手が切れてしまうことがあるので、安心して潮干狩りを楽しむために軍手を用意しましょう。

潮干ガリレオの笑顔のイラスト

ゴム手袋と軍手で二重にするのもおすすめじゃよ。

あさり取りにはカゴがおすすめ♪

あさり取りにはあさりを入れるカゴを用意すると良いですよ。バケツでも良さそうですが、カゴとの大きな違いに「バケツは水が重たい」というところがあります。カゴの場合は水が抜けていくので、潮干狩りの移動中の負担を少なくできます。一般の家庭にはなかなかありませんが、潮干狩りのために用意していくことをお勧めします。

潮干ガリレイが喜ぶ顔のイラスト

私は沢山取れないから、カゴよりも軽いこんな袋を使っているよ♪

お子さんにはスコップもおすすめ♪

お子さんと潮干狩りに行く場合は、スコップも持っていくと良いでしょう。お子さんにとってはあさりを取ることよりも、砂場で遊んでいることが重要だったりします。砂浜なので普段使い慣れているスコップも用意しておくことで、潮干狩りに飽きた時の砂遊びグッズとして活躍します。

潮干ガリレイが閃いた顔のイラスト

飽きるんじゃなくて、好奇心旺盛といってほしいな!

スポンサードリンク

潮干狩りで服装のおすすめ「初心者編」

潮干狩りでおすすめの服装を紹介します。

潮干狩りの服装
  • 長靴
  • 長ズボン
  • 長袖シャツ
  • 帽子
  • タオル

それぞれ解説していきます。

潮干狩りに長靴は必須

潮干狩りには長靴が必須と言えます。ビーチサンダルでもイイのでは?と思いがちですが、海辺には危険がいっぱいなのです。割れたビンで足を切ることもあれば、岩場についている貝で擦り傷をおうことも。クラゲやエイなどの毒を持った生物もいるので、足を守るために長靴は必要なのです。

潮干ガリレオの困った顔のイラスト

毎年エイの毒にやられる人がいるから、油断は禁物なのじゃ。

【要注意!】潮干狩りの危険生物はこちら。

潮干狩りに長ズボンがおすすめ

潮干狩りには長ズボンがおすすめです。長靴同様、足を守るために、肌をださない服装を選ぶと良いでしょう。肌が出ていると、岩場で足を滑らせた時に、あっという間に大きな擦り傷ができますよ。

潮干ガリレイが喜ぶ顔のイラスト

スカートの方が可愛いけど、安全のために長ズボンをはくんだ♪

潮干狩りに長袖シャツがおすすめ

潮干狩りには長袖シャツがおすすめです。足元と比べるとケガをするリスクは少ないですが、それでも肌を隠しておくことをお勧めします。潮干狩りが順調な時に、勢いあまって手を岩に擦り付けてしまうことも少なくありません。擦り傷擦り傷としつこいかもしれませんが、この擦り傷が意外に痛いのです。肌は隠した方が思う存分潮干狩りに集中できますよ。

潮干ガリレオの笑顔のイラスト

若いころはダンディーに日焼けしたくて肌を出していたものじゃ。ふぉっふぉっふぉ。

潮干狩りに帽子がおすすめ

潮干狩りには帽子がおすすめです。潮干狩りを始めると、あっという間に時間が過ぎていきます。とくに「潮が満ちてくるまでに掘らなくては」と思うことで夢中になりやすいのです。潮干狩りの季節はもう日焼けの季節が始まっているので、日焼けをしたい場合を除き、帽子をかぶっていくと良いでしょう。

潮干ガリレイが泣いている顔のイラスト

日射病になるかもしれないから、私は絶対帽子をかぶるんだ!

潮干狩りにタオルがおすすめ

潮干狩りにはタオルを持っていくと良いでしょう。単純に汗を拭くためという理由がありますが、もう一つの理由があります。それは「思わぬ大量だった時の袋」として使えるというものです。タオルを広げてあさりを包めば、持ち運びの限界値を少しだけ上がられます。汚れてしまうので、その役目は多少古いタオルに任せましょう。

潮干ガリレイが喜ぶ顔のイラスト

おじいちゃんのタオルを使おうね♪

潮干ガリレオの穏やかな顔のイラスト

せちがらいのぉ

まとめ

潮干狩りで忘れてはいけないこと、それは「自然が相手である」ということです。海での事故は年々絶えず、潮干狩りでのケガも尽きません。

潮干狩りに出かける際は、あさりを取るための持ち物と、ケガを避けるための服装を用意して行きましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. あさりの砂抜き用の海水を用意する方法を紹介する写真
  2. あさりとハマグリの見分け方を紹介する画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント